一人暮らしの引越し費用を抑えるコツ

引越しは何かとお金のかかる出来事です。新居の入居費用や新しい家財の買い揃えなど色々ありますから、引越し費用はなるべく抑えたいものですね。

体格サイズを選ぶべきか?定量制にするべきか?

引越しの料金算出は、単身パックのような予めスペースが決められ料金もある程度明確なものと、荷物の量に応じて細かく料金が変化するタイプがあります。

単身パックを用意している業者として代表的なのが日通やクロネコヤマトです。およそ押入れ1段分と、押入れ1段分の3/2程度の単身パックが用意されています。

ようはこのスペースにピッタリと収まる荷物量であればあるほど、スペースをぎりぎりに使っているので費用の無駄遣いがありません。

なので引越し業者に依頼するときはざっくりでなく、ある程度明確な荷物量を把握しておいた方が良いでしょう。

単身パックで運べない分は、別の手段と併用する手も

荷造りを始めると想定外に荷物量は多いのがほとんど。最初は単身パックに収まると思っていても、実際にはあふれてしまうことも多いのです。

単身パックに収まりきれない場合は、さらに追加パックを支払う方法と、同業者用意する家財引越しサービスを利用する方法があります。

運びにくい荷物から単身パックを利用する

どうしても単身パックからあふれ出てしまう場合は、洗濯機や冷蔵庫など運ぶのが大変なものを率先して載せて衣類や小物など軽くダンボールに詰めるのが簡単なものは自分で運ぶか、宅急便で送ってしまうと安くすみます。

宅急便は荷物の重さと大きさで重量が決まりますので、軽いもの、小さい物とは相性がいいのです。逆に洗濯機や冷蔵庫、本棚などは宅急便では高くついてしまいます。

単身パックよりも定量制のほうが安くつくことも

荷物の量や種類によっては、単身パックを利用するのでなく、定量制の引越しサービスを利用したほうが安い場合があります。アート引越しセンターやサカイなど色々ありますので、複数の業者見積もってみると良いです。

特に複数社比較することで、他社を兼ね合いにだしながら値引き交渉ができますし、一括見積サイトなどでは見積もりだけで半額割引などお得なキャンペーンも実施していますので、自分で申し込むより安くなります。

 

Leave a Reply

free blog themes